保育士に転職する前に資格を取ろ|面接の前の注意点

ガッツポーズの女性

免許の取得が大切です

女の人

保育士として保育園で採用されるためには、保育士免許を取得することが一番の近道です。免許を持っていないと保育園で働けないというわけではありません。無認可の保育園などでは、多くの保育園で保育士が不足しているので、採用面接で園長先生に気に入られれば雇ってもらう可能性はあります。しかし、その場合は正式な保育士ではなくあくまでアルバイトなので、給料があまりもらえない場合もあるようです。きちんとした保育士として採用してもらいたい場合は、正式な手続きに則った保育士免許を取得する必要があります。保育士免許は取得するにはいくつかの方法があります。最近は通信教育でも保育士免許を取得することができるので、働いている社会人の方などはこの方法で免許を取る方もいます。しかし、本格的に幼児教育を学びたいなら保育の専門学校に通うことがおすすめです。専門学校ではついでに幼稚園教諭の免許を取得することができます。通信教育では幼稚園教諭の免許をとることはできません。あくまで保育園だけで働きたい方はそれでもいいかもしれませんが、幼稚園でも働いてみたいと考えている方はぜひ専門学校に通うといいでしょう。専門学校のメリットとして、先生方に就職の面倒を見てもらえることが多いという点です。専門学校によっては系列の保育園を経営している学校もあるので、卒業生を積極的に採用させるところもあるようです。また、地域密着型の専門学校だと、近所の保育施設に顔が利くので、ここでも卒業生ということで雇ってもらうことが可能です。