保育士に転職する前に資格を取ろ|面接の前の注意点

ガッツポーズの女性

採用試験の前に

先生と生徒

塾講師として学習塾に雇ってもらいたいと考えている方は多いと思います。勉強を教えるにしても、学校の先生と塾講師では生徒に対する責任や労働内容の比重が異なるので、人気の職業になっています。また、予備校の人気講師となれば月収が集十万円にもなり、学校の教員よりはるかに稼ぐこともできます。塾講師の経験がない方は、できるだけ大手の学習塾で雇ってもらうといいでしょう。大手の学習塾は生徒に対して塾講師の数も充実しているので、新人の教育もしっかりと面倒を見てくれるようです。新人育成のカリキュラムがある大手学習塾も存在し、しっかりと養成することを目標にしています。大手の学習塾は余裕があるため、今まで塾講師の経験がなくても、採用される確率は高いとされています。しかし、どのような学習塾でも採用面接以外に、ペーパーテストを課している学習塾がほとんどです。ペーパーテストの内容はどのようなタイプの学習塾かによって変化します。たとえば、受験を前提とした厳しいタイプの塾なら、レベルの高い問題が出題されるかもしれません。一方で毎日の授業の補習をするタイプの学習塾なら、比較的緩やかな内容の出題が予想できます。また、担当する生徒の年齢にもよります。小学生が担当の場合はそれ相応の問題が出されるでしょう。しかし小学生には国語、算数、理科、社会の四教科全て教えることになるかもしれません。これらを全ての教科から出題される可能性があるので、他分野の勉強をする必要があります。また、中学や高校の塾講師は多くても三教科ほど教えることができれば大丈夫とされています、しかし、できるだけ多くの教科を教えられる塾講師が求められているので、全ての教科をまんべんなく勉強しておいて損はないでしょう。塾講師の採用試験の前に、学生時代の勉強もある程度はやっておく必要があります。