保育士に転職する前に資格を取ろう│家庭教師や塾講師もおすすめです

色々な職業の人

時間の都合がつく仕事

女子学生と教師

家庭教師のアルバイトは忙しい学生に最適です。授業時間を自分の都合で組むことができるので、ガッツリ稼いだり、お小遣い程度に稼いだりと、自分の生活スタイルに合わせて働くことができます。

もっと知ろう

免許の取得が大切です

女の人

保育士として採用されるためには、保育士免許が必要になります。免許を取得するのは通信教育でも可能ですが、専門学校で取ることをおすすめします。専門学校では保育園に就職するときに、様々なサポートをしてくれます。

もっと知ろう

採用試験の前に

先生と生徒

塾講師として働いった経験がない方は、大手の学習塾なら新人養成の余裕があるので雇ってもらう可能性があります。また、採用試験のときはペーパーテストを課すところが多いので、事前に勉強しておくことが大切です。

もっと知ろう

面接の前の注意点

男女

保育士に転職しようと考えている方は、まずは身だしなみを整える必要があります。保育士の普段の格好は汚れてもいいようにトレパン姿にエプロンなど、簡単な格好がほとんどです。しかし、面接などのときはスーツでいくことがほとんどなので注意が必要になります。また、女性で髪の毛が長い方は、髪はとめておくなど清潔感を出すことが大切です。また、あまりバッチリとメイクしない方が好印象になるのでおすすめです。保育園で働くと子どもと直に接することになるので、化粧が子どもについてしまう可能性もあります。肌が弱い子どももいるので、そのような子は化粧がつくとかぶれることもあるので注意が必要です。また、ネイルなどをしている場合も落とす必要があります。ネイルが長すぎると子どもを怪我させてしまう可能性もあるので、ネイルはできるだけ落とした方がいいとされています。爪を切って面接に臨むことで、清潔な印象をあたえるのでよりいいとされます。面接のときに忘れがちなのが携帯の電源を切り忘れることです。面接中に携帯が鳴ってしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまいます。これは保育園の面接に関わらず、面接におけるエチケットとしても言えることなので、携帯の電源は落としておくことが大切です。人によってはマナーモードにしている方もいますが、バイブ音が気になる面接官もいるかもしれないので、できるだけ面接中は電源を切るようにしておくことが妥当といえるでしょう。さらに、転職の場合は前職から離れた理由を聞かれることもあるので、前もって回答を準備しておくと本番で慌てることがありません。